一度の特別より、ちょっとした幸せを。妻と買ってよかった3つのもの

キラキラした生活。
SNSをよく見る人なら、一度は憧れたことがあるかもしれない。

  • 高級店のコース料理
  • タワーマンションでホームパーティー
  • たびたび海外旅行

たしかに、そんな生活を送るのも幸せかもしれない。
僕もお金持ちに転生したら、一年だけでもいいからそうしてみたいものだ。

けれど、上記のようなことができない人生が“不幸”というわけではない。
日常に少し“+α”するだけでも“幸せ”な気持ちになれるものだ。

そして、そんな“ちょっとした幸せ”があると、ストレスとムダな出費が減るというメリットもある。

今回は、僕が妻と一緒に住み始めてから買ってよかったものと、これから買いたいものを3つずつ紹介しようと思う。
ちょっとした幸せを噛み締めたい人は、ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しい。

妻と買ってよかった3つのもの

早速だが、僕が買ってよかったと感じたものを3点、エピソードを交えながら紹介する。

  • ちょっといい寝具
  • ちょっといいシャンプー
  • コーヒーメーカー

買ってよかったもの1:ちょっといい寝具

健康的な生活を送るのに、睡眠は本当に大切だ。

熟睡できるようになったし、ストレスも減った気がする。
過去に体調を崩した経験もあって、睡眠の重要性については思うところがありすぎる。

僕はひとり暮らしの頃、家具店で売られているいちばん安いモデルを使っていた。
他の趣味にお金をかけていてある面では充実していたのだけれど、気づかぬうちに疲れは溜まっていった。

そこで、同棲のタイミングで“ちょっといい寝具”に買い替えようと決意。
妻と一緒に家具店に数回行き、試しに寝転んではしっくりくるマットレスや枕を探した。

硬すぎてしんどいのはもちろん、柔らかすぎて合わなかったものもあったから驚きだ。

そして、最もしっくりきた、約2万円のマットレスと約7千円の枕を購入。
同棲した日に早速そこで寝てみると…「こんなに違うものか!」と感激した。

これだけでも最高だが、実はもうひとつメリットがある。

ベッドが快適だと、家にいる時間がもっと好きになれる。
ふかふかの布団に寝転ぶだけでも、“ちょっとした幸せ”を味わえるから。

そんな“家にいる時間”については新婚1年目が感じる、結婚してから変わった5つのことの記事で紹介しているので、あわせて読んでいただけると嬉しい。

余談だが、あまりに高すぎるものに寝転ぶと元に戻れないような気がして、「これ寝転んだら沼にハマる」と妻と意見が揃い、やめておいた。

買ってよかったもの2:ちょっといいシャンプー

意外な発見だったのが、シャンプーが変わるだけでも幸せな気持ちを感じられたこと。

僕がひとり暮らしだった頃はいつも安いシャンプーを使っていた。
もちろんきれいに洗えていたが、なんだかいつもゴワゴワした仕上がりだった。

そんな僕だが、妻がひとり暮らし時代に使っていたシャンプー『8 THE THALASSO(エイトザタラソ) ユータイプ』を一緒に使うことに。
すると…「これが同じシャンプーなのか!?」と叫んでしまいそうなほど、サラサラになって感動した。

それでいて、ほんのり漂うシャンプーの匂いもお気に入りだ。
好きな匂いだと気持ちが高まり、「時間をかけてしっかり洗おう」と思える。

同棲してから約2年。
今に至るまで、一度もシャンプーを変えていない。

BUY

▶︎楽天で購入する
▶︎Amazonで購入する
※アフィリエイト広告を利用しています

買ってよかったもの3:コーヒーメーカー

コーヒーメーカー
撮影:後藤迅斗

同棲1年目のクリスマスプレゼントとして、ふたりで買ったsiroca(シロカ)のコーヒーメーカー『カフェばこ』を最後に紹介したい。

もともと僕たちはコーヒーが好きだ。
毎日のように飲んでいるし、出かけたときはカフェにもよく入る。

「クリスマスプレゼントを何にしよう」と話して、豆から挽けるコーヒーメーカーをふたりで買おうと決めた。
そして、3つの条件を決めてから家電量販店を歩き回った。

  • 市販の豆を挽ける
  • 見た目がゴツすぎない
  • 予算は2~2.5万円

この3つの条件にぴったり当てはまるのが、まさに『カフェばこ』だった。
『カフェばこ』という名前がまたかわいくて、この記事を書きながらも胸がときめいてくる。

クリスマスに『カフェばこ』をお迎えして早速コーヒーを飲んでみたら…予想以上に幸せな気持ちになれるものだった。

  • 豆を挽いた瞬間に漂う、香ばしい香り
  • 入れたての温かいコーヒーの味わい

平日の朝食後に飲むのも最高だが、休日はおいしいお菓子と合わせて夫婦で楽しんでいる。
コーヒーによってこんなに幸せな時間を得られるとは思わなかった。

BUY

▶︎楽天で購入する
▶︎Amazonで購入する
※アフィリエイト広告を利用しています

さらなるQOL向上に!これから買いたい3つのもの

一方で、新婚1年目ということもあり、まだまだ買えていないものもたくさんある。
なかでも、特にほしいと感じているものを3つ紹介したい。

  • 食洗機
  • L字ソファー
  • 間接照明

買いたいもの1:食洗機

便利家電の一角である“食洗機”は、今すぐにでも買いたいと感じる。
僕ら夫婦にとって、洗い物のストレスは結構大きなものだから。

我が家では、1日2回の洗い物を僕と妻で1回ずつ担当している。

とはいえ、仕事の都合や体調など、洗う体力・気力がない場面も多い。
加えて、冬になると手荒れとの戦いもあり、絆創膏のお世話になることもしばしば。

これが原因で、軽い口論になったことも何度かあったなぁ…。

けれど、食洗機であれば食器を出し入れするだけ。
行動するまでのハードルが低く、無理なく行えそうだ。

ドラム式洗濯機やロボット掃除機を導入して二人の時間が増えたからこそ、ぜひ早めに取り入れたいと思う。

買いたいもの2:L字ソファー

我が家には、妻が一人暮らしだった頃に買ったソファーを置いている。
晩ごはんを食べるときや動画やアニメを観るときなど、毎日のように大活躍だ。

とはいえ、二人がけではあるものの「今のソファーは狭い」と感じる場面も少なくない。
かといって、これ以上大きいソファーでは圧迫感があり、部屋全体が息苦しくなる。

そこで目をつけたのが“L字ソファー”だ。

  • 部屋のデッドスペースを減らせる
  • 今まで以上におしゃれに見せられる
  • 使う場面に合わせてアレンジできる

こんなメリットがありそうだ。
食洗機よりは優先順位が低いが、QOLは間違いなく上がるんじゃないかな。

買いたいもの3:間接照明

今のままでも十分気に入っている部屋ではあるが、間接照明があることでより幸福度が増すんじゃないかと確信している。

  • 間接照明だけつけて映画を観ると、映画館気分に
  • 間接照明だけつけてお酒を飲むと、バーにいる気分に
  • 間接照明だけつけて挽きたてのコーヒーを飲むと喫茶店気分に

このように、自宅で楽しむバリエーションが増えるからだ。

L字ソファーをお迎えしたら、ピッタリ合った素敵な間接照明を選びたいと思っている。

“ちょっとした幸せ”を増やしませんか?

SNSが普及して芸能人や経営者などのキラキラした生活が目立って見え、「わたしもこうなりたい」と思った人も多いだろう。

少なくとも、僕はそのうちのひとりだった。

けれど、そんな人こそ“ちょっとした幸せ”に目を向けてほしい。
遠くのキラキラばかりを追いかけていては、きっとしんどくなってしまう。

憧れていたキラキラは、きっと“目の前の幸せの延長線上”にあるのだろう。
そして、目の前の幸せを噛みしめることで「キラキラにこだわらなくてもいい」と思えるのかもしれない。

この記事で紹介したようなそれぞれに必要なものを見つけながら、“ちょっとした幸せ”を大切にしていこう。

後藤 迅斗

ライター4年目。メンタル心理カウンセラーとして、80人以上の悩みを解決に導く。うつ病で休職した経験をもとにしたブログ「じぶんぽっく」運営。「社会人の心の守り方」を発信するXは9,000フォロワー超。「Sence of...」では「人生の大きな変化」について自分らしく紡ぎます。 ブログ「じぶんぽっく」:https://www.jibun-pock.com/